よくある質問

1)特に多いご質問

Q1-01アスピリン喘息に貼付剤は影響しますか?
A1-01

インドメタシンやフェルビナクなどの酸性非ステロイド系消炎鎮痛剤が含まれる貼付剤は、薬の成分が皮膚を通して血液の中に入り、気管支を収縮させて喘息を起こす可能性がありますので、喘息の既往歴のある方は十分注意して下さい。

Q1-02赤くなったり、発疹(ぶつぶつ)が出るなど肌に合わないときはどうすればいい?
A1-02

貼付剤の成分が皮膚に接触したことにより起こるもので、一次刺激性とアレルギー性があります。(接触皮膚炎)

すぐにはがして水かぬるま湯でよく洗って下さい。可能であれば石けん等も使って患部をやさしく洗い流して下さい。ゴシゴシ強く洗ってはいけません。

ステロイド軟膏の外用、抗ヒスタミン剤の内服などで治療しますが、詳しくは医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。

Q1-03発疹が出たことがあるが、貼付剤を使えますか?
A1-03

非ステロイド系飲み薬や貼付剤が原因で発疹等が出た方、アトピー性皮膚炎の方は、医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。貼付剤はお薬ですので、かぶれなどの副作用を起こすことがあります。

参考:各製品群の想定されている副作用一覧

製品名(群) 想定される副作用名
MSシップ 発赤、発疹、腫脹等
クール・GS 発疹・発赤、かゆみ、はれ等
ホット 発疹・発赤、かゆみ、はれ、痛み等
ID0.375%パップ・液・ゲル 発疹・発赤,かゆみ,はれ,かぶれ,ヒリヒリ感,熱感,乾燥感
ID0.375%温感 発疹・発赤,はれ,かゆみ,かぶれ,痛み,ヒリヒリ感,熱感,乾燥感
ID0.5%、ID0.5温感 発疹・発赤,はれ,かゆみ,かぶれ,ヒリヒリ感,熱感,乾燥感,皮下出血
フェルビナクパップ・テープ・ゲル・液 発疹・発赤,はれ,かゆみ,ヒリヒリ感,かぶれ等 重篤症状として、ショック(アナフィラキシー)
ジクロフェナクパップ・テープ・ゲル・液 発疹・発赤,かゆみ,かぶれ,はれ,皮膚のあれ,刺激感,色素沈着,水疱,落屑(皮膚片の細かい脱落)
重篤症状として、ショック(アナフィラキシー)、接触性皮膚炎・光線過敏症
パウダースプレー 発疹・発赤、かゆみ、はれ、かぶれ、刺激感、熱感、ただれ、疼痛等

 

Q1-04温感シップを剥がしてからお風呂に入ったら、痛かったんだけど。
A1-04

はがした直後にお風呂に入ると、温感成分による痛みを感じることがありますので、入浴1時間前には剥がし、入浴後も30分くらいたってから貼って下さい。

Q1-05皮膚が弱いのですが、貼付剤を使う上でコツはある?
A1-05

皮膚が弱い、かぶれ易い人は、例えば昼だけとか、夜だけとか貼る時間を短くして肌への負担を軽くします。

温シップと冷シップでは温シップのほうがよりかぶれ易いので、冷シップでかぶれた人は温シップを避けた方がよいでしょう。

2)使用方法について

Q2-01シップの冷感と温感はどのように使い分ければいい?
A2-01

冷シップは、メントールなどの冷感刺激のある成分を加えているので、冷たくスースーした感じがします。一方、温シップはトウガラシエキスなど温感刺激のある成分を加えているので温かく感じ、血管を広げ患部の循環を良くする効果があります。

患部がはれていて熱をおびている場合は、急性の炎症と考えられるので冷感シップをお勧めします。また、血のめぐりが悪かったり疲れからくるこりや腰痛などの慢性症状の場合は、温感シップをお勧めします。どちらか迷う場合は、患部を冷やしたときと温めたとき(入浴時など)で痛みがより和らぐと感じた方をお使いになるとよいでしょう。

なお、温シップは冷シップに比べて皮膚への刺激が強く、発赤・発疹などが出やすいとされています。また、貼っている所をコタツやホットカーペットなどで温めると、刺激が強くなることがあります。

Q2-02妊娠していますが、貼付剤を貼ってもいいですか?
A2-02

※各成分ごとの「使用上の注意」における記載が異なりますので、基本的には記載に沿った回答をお願いします。

成分 妊娠中に関する使用上の注意
サリチル酸メチル/グリコール 記載なし(使用可能)
インドメタシン 医師、薬剤師又は登録販売者に相談
フェルビナク 使用しないで下さい
ジクロフェナクナトリウム 使用しないで下さい

実際には、貼付剤をはじめ外用薬は一般的な使用量、使用方法であれば経皮吸収の量は少なく、妊娠中でも特に問題はないと考えられます。使用上の注意をよく読まずに使用した方があとから記載に気づき、不安になり電話してくるケースがありますが、その場合は、このことを根拠にまずは安心して頂きます。

<参考>

本人が痛みがひどく使用を強く希望されたり、医師等が使用を認めるケースもありますが、その場合は妊娠末期(30週以後)は胎児の薬(非ステロイド系消炎鎮痛剤)に対する感受性が高まり動脈管が閉塞しやすい状態になるので大量に貼付することは避けるようアドバイスします。ケトプロフェンやジクロフェナクナトリウムを含む貼付剤(モーラステープなど)は薬の成分が痛みや腫れ、熱感を起こすプロスタグランジンという物質の合成を抑制することで鎮痛・抗炎症作用を発揮しますが、プロスタグランジンが無くなると、お腹の赤ちゃんの動脈管を収縮・閉鎖させ、出生後も持続して肺高血圧となる可能性があるため、これら医療用外皮用剤(インドメタシン・フルルビプロフェン・ロキソプロフェンナトリウム水和物・ジクロフェナクナトリウム・ピロキシカム)の添付文書が2008年12月に改訂され、慎重投与の項に「他の非ステロイド性消炎鎮痛薬の外皮用剤を妊娠後期の女性に投与したところ、胎児動脈管収縮が起きたとの報告※がある」という注意書きが追記されました。

※報告はケトプロフェン製剤のため、ケトプロフェンの外皮用剤では妊娠後期の女性に対し禁忌。

Q2-03病院でもらったシップが余ったので、家族に使わせてもいい?
A2-03

医療機関で処方されたお薬は、本人以外が使用してはいけません。

Q2-04貼付剤の袋を開けたら、どれくらい使えるの?
A2-04

保管状態にもよりますが、チャックをしていても微量ながら薬の有効成分や水分が徐々に揮散していくため、効果が乏しくなったり、粘着力が低下する可能性があります。開封後おおむね1ヶ月くらいを目安としてご使用下さい。

Q2-05使用期限を過ぎてしまったら。
A2-05

使用はお控えください。

Q2-065~6日を超えて使用してはいけないの?
A2-06

5~6日貼ってみて症状に改善が見られない場合、何か別の原因で痛みや炎症が起きているか、OTCの場合はセルフメディケーションの範囲を超えていることが考えられますので、医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。5~6日使用しても改善しない、あるいは悪化した場合は、他の原因、もしくは疾患の程度がセルフメディケーションの範囲を超えていることが考えられますので、お医者さんに診てもらってください。

Q2-07授乳期の貼付剤などの使用について
A2-07

貼付剤のような外用薬は経皮吸収により効果が現われるので、内用薬よりも有効成分の血中濃度は低くなり、母乳中に出ることはほとんどなく、問題はないと考えられます。乳児の代謝・排泄機能は月齢とともに成熟してくるため、新生児期(生後28日未満)を避ければ、貼付剤を使っても問題はないでしょう。国立成育医療研究センターのホームページでは国内外の医学的研究報告に基づき、授乳期に安全に使用できると思われる薬のリストを公表しており、この中にはインドメタシン・ジクロフェナクナトリウムが含まれています。

Q2-08貼付時間・年齢制限などの用法・用量について
A2-08

説明書に書いてある用法・用量に従ってください。1日1~2回程度が一般的ですが、成分によっては、使用枚数や使用回数が制限されているものがあります。

参考:剤形・成分別用法用量及び年齢制限

剤形 製品群 用法 年齢制限
パップ クール・ホット 1日1~2回
インドメタシン0.375% 1日2回を限度 11歳以上
インドメタシン0.5% 1日2回を限度 15歳以上
フェルビナク0.5% 1日2回を限度 15歳以上
テープ フェルビナク5% 1日2回を限度 15歳以上
ジクロフェナクNa 1% 1日1回2枚まで 15歳以上
インドメタシン1% 1日4回を限度
週50mLを超えない
11歳以上
フェルビナク3% 1日2~4回 15歳以上
ジクロフェナクNa 1% 1日3~4回
週50mLを超えない
15歳以上
ゲル インドメタシン1% 1日4回を限度
週50gを超えない
11歳以上
フェルビナク3% 1日2~4回 15歳以上
ジクロフェナクNa 1% 1日3~4回を超えない
週50gを超えない
15歳以上
スプレー マイポ・サイコック 1日数回

 

Q2-09病院でもらった薬との併用は?
A2-09

医療機関の服薬指導に従い、市販薬との併用はお止め下さい。

Q2-10一度に何枚まで貼ることができる?
A2-10

一度に何十枚と貼らなければ特に問題ありませんが、1日1袋程度が目安です。ただし、ジクロフェナクナトリウム貼付剤は1日1回2枚までという枚数制限がありますのでご注意下さい。

Q2-11効能・効果に記載されている症状以外(例えば、慢性関節リウマチ、坐骨神経痛など)でも使用できるか?
A2-11

記載されている症状以外への使用はお止め下さい。また、記載されている症状であっても、5~6日貼っても改善がみられない場合、何か他の原因で痛みや炎症を起こしている可能性がありますので、医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。

Q2-12貼付剤と目薬を一緒に保管していいですか?
A2-12

貼付剤に含まれるメントール等は揮発しやすく、点眼容器を透過して、点眼液にしみこんでしまうことがあるため、湿布薬と目薬はできるだけ別に保管してください。

Q2-13液剤を使用したら、液だれがしたんだけど?
A2-13

容器を軽く握り、ラバー部分を患部にやさしく押し当てて使用して下さい。容器を傾けたまま、強く握ったり、必要以上に患部に押し当てる時間が長いと液だれすることがあります。また、キャップはしっかり締め、容器を立てた状態で保管するようにして下さい。

Q2-14MRI検査やCT検査時に貼付剤をはったままでもよいか?
A2-14

MRIでは導電性のある特殊な支持体(アルミ蒸着ポリエステルやアルミ箔)の貼付剤(パッチ)を貼ったまま検査を受け、火傷を負った事例が米国で報告されています。通常のパップ剤・テープ剤ではそのような報告はありませんが、事前にはがして頂くのが原則です。CTでは影が映り、検査に影響を与えることもありますので、同様にはがしてください。

3)製品又は成分について

Q3-01貼っても剥がれてしまうことがあるのはなぜ?
A3-01

貼付剤は基本的に良好な粘着力を保つよう処方されていますが、皮膚が汗や水でぬれていたり、体質や場所により皮脂が多いと剥がれやすくなる場合があります。また、何度も貼りなおしたりすると粘着力が落ちてしまいますのでご注意ください。

Q3-02温感シップを貼ったけど、冷たく感じるのはなぜ?
A3-02

温感シップの温感は、トウガラシエキスなどの作用によるもので、カイロなどのように自ら発熱するものではありません。

温感シップも水分を多く含んでいるため、最初は冷たく感じますが、温感成分により徐々に暖かくなります。温感の感じ方は、貼った体の部位によっても感じやすいところ、鈍いところがあります。

例えば首筋は比較的温感を感じやすく、お尻などは温感を感じにくいといわれています。人によっても感じやすさが異なり、また、発汗の状態・体調・季節・使用環境などによっても異なることがあります。

Q3-03同じ袋に入っていたシップだけど、以前使ったときと感じが違うのはなぜ?
A3-03

開封後何カ月も経っていると、水分やシップに含まれる一部の成分が蒸発して、感じ方が変わることがあります。また、チャックがうまく閉じていなかったり、温度の高い場所に保管されていると薬にとってよくありませんのでご注意ください。

Q3-04有効成分の働きは?
A3-04
成分 作用 機序
サリチル酸メチル、サリチル酸グリコール 消炎鎮痛 感覚中枢に働きかけ痛みを抑制
インドメタシン、フェルビナク 消炎鎮痛 プロスタグランジンの合成を抑制
l-メントール、dl-カンフル、ハッカ油 冷感刺激  
トウガラシエキス 温感刺激  
トコフェロール酢酸エステル 血行促進  
Q3-05おでこ等に貼る冷却シートとシップ剤では、何が違いますか?
A3-05

基本的な構成成分はよく似ていますが、シップ剤には鎮痛・消炎成分が含まれているので、打ち身、捻挫、肩こりなどに効果があります。

冷却シートには有効成分が含まれていません。含まれた水分による冷却と清涼成分により心地よい冷感を与えます。熱のある部分を冷やすので、打ち身・捻挫等の熱をもっている患部の腫れに対して冷却する場合には有効です。

Q3-06シップ剤によっても強さに差があるって聞いたけど??
A3-06

シップ剤の中に含まれている薬の成分によって、第一世代、第二世代といった言い方で分類されることがあります。

第一世代のシップ剤は主に炎症や痛みを抑えるサリチル酸メチル、サリチル酸グリコール、冷たいと感じる神経を刺激して痛みや痒みを抑えるカンフル、メントールなどが含まれています。第一世代のシップ剤は、一般的に作用が緩和と言われています。

一方、第二世代のシップ剤は非ステロイド系消炎鎮痛剤(NSAIDs)であるインドメタシン、フェルビナク、ジクロフェナクなどが皮膚から炎症部分に浸透し、痛みや腫れ、熱感を起こすプロスタグランジンという物質の産生を抑えることで効果を現します。

これらの効き目の強さを比較すると、インドメタシン≒フェルビナク≒ジクロフェナク>サリチル酸メチル≒サリチル酸グリコールとなり、後から登場した、第二世代の成分の方がよく効くということです。

Q3-07シップ剤には、においがするものとしないものがあるのですか?
A3-07

サリチル酸メチル、カンフル、メントールを含むシップ剤には特異なにおいがありますが、サリチル酸グリコールはおいが強くありません。第二世代といわれるインドメタシン、フェルビナクなどを含むシップ剤には、含まれるその他の成分によりにおいのするものとしないものがあります。

Q3-08パップ剤とプラスター剤(テープ剤)って、どう違うの?
A3-08

パップ剤は水分含有量が多く、保湿効果が高いことと厚みがあることが特徴で、患部を暖かく、又は冷たく感じさせたりするものがあります。
プラスター剤(テープ剤)は有効成分を薄いテープ状の布に吸収させてより密着性を増したものです。水分が少なく患部を冷やすという効果はありません。柔らかく伸縮性や粘着性に優れていることから、関節などの屈曲・可動部位に適していますが、皮膚に密着性が高いため、剥がす際に表皮を剥がしてしまうことがあります。特に高齢の方の場合皮膚が薄くなっているので注意が必要です。

Q3-09パップ剤の薬が肌に残ってしまった。どうすればいい?
A3-09

ご使用環境等により、まれにパップ剤のお薬がお肌に残ってしまうことがあります。特に足の裏は、かさついていることも多く体重がかかることがあるため、お薬が残りやすくなります。その場合は目立つつまめる様なお薬をできるだけ取り除いたあと、水やぬるめのお湯で洗うか、タオルなどでやさしく拭ってください。

Page top